断熱材 TOP > 結露防止対策用品

結露防止対策用品

結露のトラブルにご注意!

結露
結露によるカビの発生事例

最近では、新築住宅・マンションに「高断熱・高気密」の機能性をアピールした物件が増えています。しかし、本当に安全とは限りません。本来、湿気を室外に逃がさなければならないところを、「高断熱・高気密」であるがゆえに排出することが出来ず、結露が発生してしまうケースがよくみられます。それにより、壁のシミやタンス・押入れのじっとりした湿り気など、さまざまな住宅トラブルにつながるおそれがあります。また、結露によるカビが原因で、アレルギーやミズムシなどの病気になる可能性もあるので、大事な家と家族を守るためには結露の発生をおさえる対策は非常に大切だといえます。

ここで、結露対策に最適な商品「ノン結露」と「カラカラ露しらず」を紹介します。

ノン結露

ノン結露とは

トイレやキッチン周りにできてしまう結露にお困りの方には心強いアイテム。それが「ノン結露」です。吸水性に優れた特殊水性アクリル樹脂と水分発散性に優れたセラミック系骨材のハイブリッドにより、屈曲性のある塗膜を形成します。「ノン結露」は仕上げ材15kgと、下塗り材7kgの2層に構成されています。

ノン結露
結露標準セット

下塗り剤 (7kg)1回塗り/10〜20m2
上塗り剤(15kg)2回塗り/10〜20m2

ノン結露
結露サンプルセット(有料)

約1.2kg/1m2

ノン結露の水分発散性と吸水性

「ノン結露」には熱反射セラミックと吸水性特殊セラミックが含まれています。熱反射セラミックは水分と共に侵入する熱エネルギーを効率良く、塗膜内に取り入れ、セラミックの温度を上昇させ、その結果水分を速やかに発散させます。また、吸水性特殊セラミックは、多量の水分を吸収することができます。このように水分発散性、吸水性に優れた本塗料を使うことで、水滴が発生しなくなります。

結露のトラブルにご注意!

カラカラ露しらずとは
カラカラ露しらず

「カラカラ露しらず」はアルミサッシなどに張ることで、結露による水滴を吸収することができるアルミテープです。結露吸収剤がテープ上に塗り上げてあるので、その結露防止効果は絶大です。

  1. カラカラ露しらずは、アルミサッシに貼る時、接着面の汚れを掃除してた乾燥した状態で貼って下さい。
  2. デープの貼り面にしわが出ないように、事前に上下、左右の位置を十分に確認してから裏紙を剥がして貼って下さい。
  3. 一度貼ったものを途中で剥がして、やり直しは出来ません。塗膜が剥がれる事が有ります。
  4. テープを折り曲げないで下さい。塗膜が剥がれる事が有ります。
  5. アルミサッシ窓に貼った後、塗膜面の掃除は避けてください。
  6. 湿気が多い場合、塗膜面が濡れる事が有ります(飽和状態)。
    その場合少し間をおくと水分が蒸発しますのでそのままにして下さい。

※結露テープの粘着が強いので剥がす時にアルミサッシに傷を付ける恐れが有ります、事前にご相談下さい。表面処理の関係で不向きのサッシもございます。

カラカラ露しらず
カラカラ露しらず

サイズ:幅:5cm×長さ:2m×厚み1mm
色:ホワイト、グレー、アイボリー、ブラウン
価格:3150円 / 1本(送料別)

※無料サンプル提供中!
(送料着払い)
【サンプル】
幅:5cm×長さ:30cm×厚み:1mm