断熱材 TOP > 日曜大工愛好家の方へ > 断熱塗料の上手な塗り方ガイド

断熱塗料の上手な塗り方ガイド

断熱塗料の塗り方にはコツがあります。
ここではプロからアマチュアまで誰でも活かせる、断熱塗料の上手な塗り方ポイントを紹介します。

断熱塗料の塗り方13のポイント

1. 塗る前に

ガイナ・シスタコートは水性塗料です。
攪拌(かくはん)が大事です。(セラミックを均一にするため。約2〜3分間が目安)

2. 塗る場所の特定

外壁。屋根、屋上、屋内壁、天井など、安全に施工するため、塗装場所によって準備が必要です。
特に外壁の場合、足場が必要です。
足場作業の場合は、安全帽・安全ベルト、地下足袋などを用意しましょう。

3. 色の選定

日本塗料工業会色見本の中から選定します。
白(セラミックの素材色)がベースなので淡彩色が主となります。

4. 塗装の準備

刷毛、ローラーなどを用意しましょう。

5. 下地前処理

リフォームの場合は、劣化の具合を確認しましょう。
亀裂、はがれなどが発見された場合は、ケレン作業と補修が必要です。

6. 洗浄方法

強い汚れには高圧洗浄などが効果的です。
劣化の状況によっては、水洗いなど圧力のかからない方法で施工面の汚れをていねいに落としましょう。

7. 養生方法

周囲の状況に合わせて塗料が飛び散ることを想定して十分に養生してください。

8. 下地処理方法

コンクリート、モルタル、折半屋根、鉄骨、トタン、木材系、プラスチックなど、素材に合った下地剤を使用します。
推奨下地剤がありますので、詳しくはお問い合わせください。

9. 塗布量

2〜3回塗りが目安です。(30〜25u/缶)

10. 塗料必要量

総塗装面積から逆算して計算しましょう。

11.塗装のコツ

最初は、一部の面積を塗って感覚をつかむところから始めましょう。
慣れてきたら同じ要領で均一に塗っていくのがポイントです。

12. 乾燥時間

夏場2時間、冬場4時間が目安です。

13. 塗装時の注意事項

雨天、強風、冬場5℃以下では塗装できません。

◎ポイント
カラーシミュレーションで塗装後のイメージをつかんでみましょう。