断熱材 TOP > 断熱材・断熱塗料について > 断熱材・断熱塗料の選び方

断熱材・断熱塗料の選び方

断熱材・断熱塗料で快適生活空間をつくろう

新築の家はともかく年数の経過とともに建物は劣化します。そしてリフォームの時を迎えます。
一般的にはそのタイミングで外壁、屋根などは塗装又は屋根の葺き替え工事を行い、屋内は壁紙の張り替え、畳、インテリア等 改修します。
そして、表面的には見栄えの良い住空間を造りだします。

リフォームした住宅は快適で健康的な住空間でしょうか?
快適で健康的な住空間とは何でしょうか? 一度考えてみて下さい。

・季節による熱い、寒いはどうか、各部屋間の温度差はどうか。
・騒音など外部からの音が気にならないか。
・部屋内にいやな臭いがこもることが無いか、換気は十分か。
・建材が有害物質を含んでいないか、気分が悪くなるような事は無いか。
結露の発生は無いか。
・部屋の明るさ、採光など自然の光がうまく取り入れが出来ているか。
・建物が長持ちできる工夫がされてるか、断熱材の使われ方が適当か。
・改修の費用はどうか。

人が生活する住宅において快適で住み心地良く、人にも家にも健康的でそして維持費もあまり掛からない。
このような理想的な住環境をつくることは結構大変な事です。でもこれが実現できます。

それが既存の壁に塗るだけで快適で健康的な生活空間を造りだせるのが、「断熱材 断熱塗料」なのです。
なぜ塗るだけで断熱材の代わりになるのでしょうか?
これが「断熱材 断熱塗料」の秘密なのです。

宇宙開発で培われた最先端技術を取り入れて誕生した「ガイナ」特殊セラミックを塗料化した機能性環境改善塗材なのです。
だから塗るだけで断熱を可能にしたほか断熱、結露防止、防音、防汚、空気質改善など多機能を有しており住環境の改善に最適です。

誰もが快適に過ごせる「理想の住宅」の条件とは

生活空間

家族全員がよりよい暮らしをおくること、それは快適な住まいで毎日をおくることといっても過言ではないでしょう。
帰りたくなる家、落ち着く家、思い出のある家…自分が理想とする家のビジョンというものは、ひとそれぞれです。

しかし、実は「住み心地のいい家」というのは、住宅建築の視点から見てある基準があるのです。
この基準をいくつ満たしているかで、住宅の満足度というのが変わってきます。
あなたの家はいくつ当てはまりますか?

1.五感を通して「快適」だと感じられる住環境であること

夏も冬も、季節に関係なく心地よい住まいは、まさに理想の住まいといえます。
肌で感じる室温、部屋の空気はもちろんのこと、そして悪臭や騒音など、嗅覚や聴覚でストレスを感じないかどうかは、暮らしやすさの基準の基本事項ともいえます。

2.住宅建築費用と維持費用が安いこと

エアコンをつけっぱなしにし、最終的に電気代がかさんでしまうのは決して望ましい住まいではありません。
本来、機能的な住まいとは、必要最低限の光熱費で室温を上手にコントロールできる住まいのことを指すのです。

3.家そのものが、健康的で長持ちすること

もし、住宅そのものが老朽化していたり欠陥があっては、いかに健康な人といえども、住み続けるうちに不健康になってしまいます。
シロアリなどの虫に蝕まれていないか、結露が発生して腐敗していないかなど、外から見えない住宅の内側をチェックしてみましょう。
丈夫で長持ちする家は、維持費も安くなり、長く住むのに適した環境だとえいます。

4.修繕・リフォームがしやすいつくりであること

著名な建築デザイナーなどに設計からインテリアまで設計を依頼すると、他にはないオリジナリティのある住宅を手に入れられます。
しかし、どれだけ見た目がきれいで凝ったつくりだったとしても、実際に住みやすいかどうかは別問題談です。家は飾りではなく、実際に住んでこそ価値を発揮するものだからです。
またいざ修繕が必要になったとき、業者が手間取るような複雑なつくりだと、リフォームがうまくいかなかったり、時間がかかってしまう場合があります。